見やすいのぼり旗を作る上でおすすめの配色は?

のぼり旗を作る上で、気をつけたいのが配色です。
背景色や文字色の選び方を間違えてしまうと、
のぼり旗を通行人や車のドライバーに認識してもらえません。

そのため、配色が悪いと集客効果が落ちてしまいます。
また、配色を考えるときには、視認性を高めることも
大切です。視認性が悪いと、のぼり旗に書いてある
文字が読めません。歴史的

のぼり旗があることは認識してもらえても、
読んでもらわなければ意味がありません。

配色を考えるときは、文字の読みやすさを
重視して選びましょう。

一般的に読みやすい配色は、背景色と文字色の
明度に差をつけることです。

たとえば、白地に黄色や黄緑、水色でのぼり旗に
文字を印刷しても、遠くから見たときに読めません。

反対に、黄色や黄緑など明るい色を背景色に使い
文字色に白を使った場合も、同じように読みにくい
のぼり旗になります。製作を考える

文字色に黄色などの明るい色を使う場合は、
背景色は黒などの暗い色を使うと、遠くから見ても
読みやすいです。

同じように背景色に明るい色を選んだときも、
文字色は黒や赤、青など暗い色を使うと良いでしょう。

また、のぼり旗の視認性をあげるためには、
明度に差をつける以外に補色を使う方法もあります。

補色は反対色と呼ばれ、対極にある色のことを指します。

たとえば、黄色なら青、赤なら水色といった具合です。
のぼり旗の文字や背景の配色を考えるときには、
色の明度や補色を駆使しながら組み合わせると
集客効果を高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)