子供にも保護者にも役立つのぼり旗

施設の敷地内や人が行き交う道端など、設置場所にも困らず誰の視界にも自然と捕らえることが出来るのぼり旗ですが、最大のメリットはデザインを通してシンプルに伝えたいことを視認させられることです。

文字の文体を大きく設定すれば、視力の悪い方でも視認することが出来ますし、車で移動中でもデザインによっては、注視せずとも通り過ぎるだけで、内容を理解することが出来ます。

そのため、子供向けの注意喚起にも効果的で、事故防止にも役立ちます。

のぼりで注意を促す

近年は、物騒な事故や事件が多発しており、登下校中の児童の安全性を懸念している保護者や学校関係者の方も多いことでしょう。
学校付近などで保護者や学校関係者が道に立ち、直接注意を促す方法もありますが、それでは時間が拘束され人手も必要となってきます。

のぼり旗ならこれらの手間を省くことができ、人手が足りない場合にも最適です。

また、コストを抑えて製作出来る点にも注目です。
同じく人手を使わない方法として看板も効果的ではありますが、設置場所に制約がかかったり、大きさによっては数十万円のコストが必要となってきます。

のぼり旗は、コストの消費も抑えて製作ができ、デザインを変えれば何度でも使い回しが出来ます。

可愛いイラストなら子供に印象付けやすい

子供は活発に動き回り、注意力や周囲に対する警戒も未熟なもので、事故に巻き込まれやすいものです。

のぼり旗は設置が簡単で、子供でも視認率が高く可愛いイラストで覚えやすいものにすれば、注意喚起として十分な効果を発揮します。

交通事故や事件警戒に対しての口頭での呼び掛けは、深刻であることからも自然とややこしく理解しにくい説明になってしまいがちです。

しかし、それでは頭に入り辛い他、伝えたいこともなかなか理解させることが出来ない上に、すぐに忘れてしまうなどのデメリットがあります。

口頭で説明するより、絵や文字など印象に残る分かりやすいデザインで、視界から頭に自然と入ってくるものにすれば、子供にとっては印象深く記憶させることが出来ます。

子供達の帰り道に、可愛いイラストで覚えやすいデザインののぼり旗を設置すれば、頭の中で何度も反芻することに繋がり、身の安全に対する警戒心を上げ、結果的に事故の発生の抑止力に貢献します。

記憶に定着するものにするのが肝心で、のぼり旗特有のデザインの自由度の高さ、伝えたいことをシンプルに伝えることが出来るなどのメリットを利用すれば、保護者達が直接指導するよりも、より効果的に注意を促せます。

交通安全のぼり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)