マスク着用やアルコール消毒などの予防策

新型コロナウイルス感染症はCOVID-19と称されることも
ありますが、現在特効薬となる新薬の開発段階であるため
治療に効果を期待できる医薬品はなく、感染した場合には
隔離および安静などが求められるといいます。

安静にする

最大の予防策は人との接触を可能な限り避けるといった
自粛になるわけですが、買い物にでかけなければ
食材の調達はできませんので、一歩も家から出ないわけには
いきません。

外出する人が減っていたり、人が集まるような場所を
避けるように宣伝されていることからも、飲食店なども
大きな打撃を受けているわけですが、出前などのような
サービスは意外と人気が高くなっており、店内での飲食サービスから
宅配によるサービスに切り替えたお店も多いのではないでしょうか。

のぼり旗は色々な宣伝に使うことができる広告手法、
店先にのぼり旗を立てておけば遠くからでもお客さんを
誘導することができますし、屋外に設置する広告の中でも
コストや安く目立つなどから、のぼり旗は幅広い業界で
活用されています。

最近は、COVID-19の予防策の宣伝などで手洗いを行うことや
マスクの着用での予防を行うことを記載したのぼり旗を使い、
来店客に呼び掛けているお店も多くなっています。

宅配サービスで顧客への安心に繋がります

手洗いやアルコール消毒、マスクの着用といった予防策は
COVID-19の予防には欠かせない存在ですが、このような予防方法が
推奨されていて、町中などではのぼり旗で見かけることも
少なくありません。

のぼりで呼びかける

のぼり旗はコンクリート製もしくは水を注入する固定台とポール、
そして布製の広告旗といった3つの構造を持ちます。

道路沿いに数メートルおきにいくつもの置いてあるものを
見かけることもありますし、店先に宣伝の目的で
置いてある店舗も少なくありません。

日中などであれば遠くからでも認識しやすいので
誘導の目的で使う人も少なくありません。

飲食店の中では宅配サービスを実施、お客さんの自宅に
お伺いして食事の提供を行うお店もこんな時代ですから
増えているのではないでしょうか。

今まではお店で食事を提供していたけれども、新型コロナウィルス感染症の
拡大に伴い客足が途絶えている場合、お伺いする食事のサービスでは
他のお客さんとの接触を避けることができるので
感染のリスクを下げることができるわけです。

こうした飲食サービスを始めるときなども、のぼり旗を宣伝に使えば
より多くのお客さんからの注文を受けることができますし
お店の営業を休業することで、自分たちも感染のリスクを
減らせる効果に繋げることもできるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)