インパクトのあるのぼり旗を作るのにおすすめの色は?

インパクトを重視して、のぼり旗の色を考えるのであればまず
原色を配色して確かめてみることが肝心です。

赤や緑、青といった原色はインパクトが強く、広告等でも
強烈な印象を与えているのが特徴です。

インパクトのある

ただ、屋外でのぼり旗を使うのであれば、青系はあえて
避けた方が良い場合も少なくありません。

というのも、屋外は青空が背景色になるので、
青色を選ぶと重なって印象を薄くする恐れがあるからです。

逆に、赤と緑は青を補色するような関係ですから、
これらを用いると印象を薄くせず、インパクトのある
のぼり旗を作ることが出来ます。

よりインパクトを強めたい時は、のぼり旗に黄色や
オレンジを使ってみるのもおすすめです。

黄色とオレンジは、青に対する色の内、青空に対応する
補色に近い色だからです。

強烈な

また、紫や金等のゴージャスな色も、インパクト重視の
のぼり旗に適した配色になると考えられます。

紫は高貴な色、金は高級感のある色ですから、
このような印象を与えたい場合に使ってみると良いでしょう。

どうしても屋外で青を使いたい、というのであれば、
白をベースに青を配色したり、文字等を縁取って
強調すると効果的です。

一方、原色同士の組み合わせは、見た目に派手な
インパクトをもたらしますから、強烈なのぼり旗を
作りたい時に最適です。

ただし、見る人によってはドギツく、目に厳しいと
感じることもあるので、予め複数の人達で印象を
評価したり、やや控えめの配色を考えることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)