のぼり旗に採用したい集客できる色のルール

のぼり旗を集客目的に使う場合には色のルールがあります。
何も考えずにただ自分の好きなカラーと言う理由だけで選んでしまいますと
全くのぼり旗が目立たず集客につながりません。

目立つか目立たないかが集客に直結するからです。
まず一般的に目立つカラーは暖色になります、その中でも
視認性が高いのは赤や黄になります。

実際に屋外で車道に向けられて掲げられているのぼり旗には
赤や黄が使われてることが多いのです。並ぶ

しかしこの二つのカラーを使っておけばいいというものではありません。
組み合わせ方も大事になります。

例えば文字のカラーと背景の色と二つのカラー刷りで
のぼり旗を作る場合はできるだけ反対のカラーになるように
しなければいけません。

同じようなカラーにしますと目立たなくなり視認性が低くなります。

また彩度が高ければ高いほど視認性が高くなるので
車道向けに配置する場合には彩度の高いカラーを
使うようにしましょう。雰囲気を伝える

それでは視認性の低い彩度ののぼり旗は
集客にならないのかと言うとそうとも限りません。

例えば少し高級な雰囲気のお店やおしゃれな
お店などでしたら逆に彩度が高いカラーを使うと
安物臭くなってしまいダサくなります。

この場合は少し落ち着いたカラーを使ったほうが
高級感が出るので集客につながります。

のぼり旗のカラーについては絶対にこうすればいい
という法則はありません。

業種やどこに設置するのかによって使うカラーを決めるのがいいでしょう。