部活動や応援シーンで使えるのぼり旗

効果を感じられるのぼり旗によく使用される規格

ノボリバタに良く利用されるサイズの規格は幅450mm高さ1800mmのものと幅600mm高さ1800mmのサイズです。路上に設置した場合に遠くからでも見やすく、風などで煽られても折れ曲がったりせずその効果が高いためです。

のぼり旗にはいくつかのサイズが有ります。オリジナルのサイズを作ることも可能ですが一般的に使用されるものとしては小さい物で幅450mm高さ1400mm、大きな物で幅900mm高さ4000mmの物が有ります。
そのなかでよく利用されるのが、幅450mm高さ180mmのものと幅600mm高さ1800mmのサイズです。

このサイズの規格は特に規定されているものではありませんが、のぼり旗の効果を考えると非常に理に適ったものです。のぼり旗は一般的に店舗前の歩道や駐車場の端などに並べて設置することが多く、等間隔に連続的に設置することで高い効果を発揮します。

歩道を歩く人や道路を走行する車から見えやすいように設置しますが、この高さが1800mm程度が最も視認性が高く、目に入りやすい高さであるためです。

また、一般的にのぼり旗を設置するポールの高さは約3m程度になっていることから、地面から1.2mのところが最も印刷面の下になり、庫の高さだと路肩の生垣等に遮られて見えなくなることが避けられるため、前面の文字が見えやすいという効果も有ります。

幅については文字が見えやすく、風などで煽られても折れ曲がったりしない点を考えると、450mmまたは600mm程度が最も適度な幅となるため、高い効果が期待できる幅となるのです。https://www.co-creativity.org/index.html

そのため、この大きさののぼり旗が非常に多く、実質として標準的な規格となっている面があります。数が大量に出ることから多くののぼり旗メーカーでは価格を安く設定している場合が多く、一般的に利用されるサイズの規格となっているのです。

のぼり旗はお店の宣伝として使うイメージが強いかと思いますが
実は部活動や応援などで使うこともできます。
例えばマラソン大会などの場合歩道で応援する内容を描いた
のぼり旗を掲げることで選手は心強くなります。

目立つのぼり旗ですので走りながらでも認識できるでしょう。
他にも部活動などの試合の時の応援の時に使うのも
いいでしょう。

客席の邪魔にならないと頃にのぼり旗を設置することで
アピールできます。

普通の旗のように振ってみるのもいいでしょう。
動きがあれば選手からの注目度もアップします。

もしも竿ごと持ち込めない場合には布の部分だけを持ち込み
数人がかりで横断幕のように掲げて選手にアピールできます。

部活動全般に使えるため学校の名前を入れておくのもいいかもしれません。

また部活動以外ならこのような用途に使うこともできます。
例えばコンサートやライブの時です。

歌手の人に見てもらいたいときにオリジナルでのぼり旗を作って
アピールするといいでしょう。

応援に

そうすれば自分の方を見てもらえるかもしれません。

こちらもあまりにも大きなものは他の人の迷惑になるかも
しれませんので規約を確認してから持ち込むようにしてください。

小さなサイズのもなら問題はありません。
1つだけ作るのではなく複数作ればより目立ち度も高くなります。

自分たちで考えたオリジナルデザインでフルカラー印刷をして
作ってもらうこともできるので、世界に一つしかないものが出来上がります。