ラーメン店におすすめ!つい立ち寄りたくなるのぼり旗

飲食店で宣伝をするために、のぼり旗を使いたいと思う人は
多くいるでしょうが、その時には食のジャンルを意識した
デザインにすることが大切です。

例えば、ラーメン店でのぼり旗を設置したいと思っている時には、
色選びをしっかりと行うと雰囲気が良くなって、集客効果を
高められることが期待できるものです。ヒントを得る

具体的にどういった色が向いているかというと、黒と白と赤です。

黒い文字を白で縁取り、バックを赤にするのです。
こういったデザインにすることで、いかにもラーメン店といった
雰囲気を出せますので、食欲をそそるのに役立つものです。

また、ラーメン柄と呼ばれる独特の柄をのぼり旗の周りに
印刷するのも良いでしょう。

こういったデザインは、昔な感じで、自分のお店には合わないと
感じている人は、写真を印刷するのも手です。

オリジナルののぼり旗というのは、文字を入れるのは
もちろんのこと、写真を入れて作成することもできるのです。

おいしそうなラーメンの写真が載っていれば、いやが上にも
食欲が増すことでしょう。呼びかける

ちなみに、オリジナルののぼり旗を作成してくれる
業者に写真を提供する場合には、解像度に
注意する必要があります。

あまり小さな画像を提供してしまうと、
印刷品質に問題が生じることがあるのです。

なお、メインワードとは別に、何か売りになる一言を
載せておくといった一工夫も大切です。

そうすれば、それが決め手となってお店に入ってもらえることもあるでしょう。

ファミレスでよく見かけるのぼり旗の定番は?

惹きつけるファミレスで定番となっているのぼり旗では、コーヒー、ケーキ、
ランチ、カレー、ハンバーグ、ビール、サラダバーなど、
ファミレスの定番アピールをそのまま訴えかけています。

書かれている言葉にあまりオリジナリティーはありませんが、
周囲に飲食店が少ない地域ではファミレスから遠い
道路沿いからでも、誘導する牽引力が大きく、
高い効果が期待できます。

古くから愛される定番として季節感を出したのぼり旗も人気で、いちごフェアや栗、
アイスコーヒー、氷などの言葉にファミレス来店のきっかけを
喚起されるのが特徴です。

どちらかというとデザート関連ののぼり旗に定番が多く、
色合いで言葉に加えて季節を強くアピールする傾向があります。

いちごならピンク、栗は明るい茶色、氷には明るいブルーが
定番で使用されます。

また、ファミレスののぼり旗の定番には、モーニング、
バリューセット、ケーキバイキングなどの価格の安さを
アピールするタイプや、海の近くならシーフードというように
ファミレスの場所の特色を生かした料理名で
訴えかけるものもあります。

そして、ファミレスならではの、流行をいち早く取り入れた
メニューものぼり旗の定番で、集客メニューの目玉を
のぼり旗にする傾向があります。例えばベルギー産チョコレートや
ココナッツを使ったデザート、コラーゲン入り料理など、
目新しさと店の魅力を大きくアピールする目的で使われます。

また、季節イベントも定番で、バレンタインや
クリスマスに多く登場しています。

居酒屋におすすめののぼり旗のプリントは?

のぼり旗というのは、色々な施設で使うことができる
大変便利なアイテムですが、施設に合ったデザイン
というのがあるものです。

居酒屋の場合ですと、メインの営業が夜になることがありますから、
それを意識して明るいデザインにするのも手です。

デザインに活かす赤や白といった色を使ってオリジナルののぼり旗を
作成すれば、明るくて見やすくなることでしょう。

なお、居酒屋を利用するシチュエーションというのは
色々とあるものです。

普段の食事の際に利用するという人もいれば、
宴会で利用するという人もいるでしょう。イベント会場

ですから、そういった使い勝手の良さをアピールする形で
居酒屋ののぼり旗を作成するのも良いものです。

例えば、新年会や忘年会、送迎会などの文字を載せつつ、
予約を承るといった言葉も入れておくのです。

そうすることで、良いアピールをしていけるものです。

幅広い層を意識した内容にする場合には、
団体歓迎という言葉を入れたり、各種パーティー
といった言葉を入れたりすると効果的です。

具体的な収容人数を載せておくというのも効果的でしょう。

このように、居酒屋ののぼり旗というのは、色々なアピールの仕方が
できるものですが、アピールしたいことが複数ある時には
両面プリントにするという手があります。

両面プリントであれば、表と裏を別々のデザインにすることが
できますので、2つのことを同時に宣伝していけるという良さがあります。

こういったプリントの仕方もあるということを覚えておけば、
色々と役立てられることでしょう。

インパクトのあるのぼり旗を作るのにおすすめの色は?

インパクトを重視して、のぼり旗の色を考えるのであればまず
原色を配色して確かめてみることが肝心です。キャンペーン

赤や緑、青といった原色はインパクトが強く、広告等でも
強烈な印象を与えているのが特徴です。

ただ、屋外でのぼり旗を使うのであれば、青系はあえて
避けた方が良い場合も少なくありません。

というのも、屋外は青空が背景色になるので、
青色を選ぶと重なって印象を薄くする恐れがあるからです。

逆に、赤と緑は青を補色するような関係ですから、
これらを用いると印象を薄くせず、インパクトのある
のぼり旗を作ることが出来ます。

よりインパクトを強めたい時は、のぼり旗に黄色や
オレンジを使ってみるのもおすすめです。

黄色とオレンジは、青に対する色の内、青空に対応する
補色に近い色だからです。人を呼ぶ

また、紫や金等のゴージャスな色も、インパクト重視の
のぼり旗に適した配色になると考えられます。

紫は高貴な色、金は高級感のある色ですから、
このような印象を与えたい場合に使ってみると良いでしょう。

どうしても屋外で青を使いたい、というのであれば、
白をベースに青を配色したり、文字等を縁取って
強調すると効果的です。

一方、原色同士の組み合わせは、見た目に派手な
インパクトをもたらしますから、強烈なのぼり旗を
作りたい時に最適です。

ただし、見る人によってはドギツく、目に厳しいと
感じることもあるので、予め複数の人達で印象を
評価したり、やや控えめの配色を考えることも大切です。

見やすいのぼり旗を作る上でおすすめの配色は?

のぼり旗を作る上で、気をつけたいのが配色です。
背景色や文字色の選び方を間違えてしまうと、
のぼり旗を通行人や車のドライバーに認識してもらえません。

そのため、配色が悪いと集客効果が落ちてしまいます。
また、配色を考えるときには、視認性を高めることも
大切です。視認性が悪いと、のぼり旗に書いてある
文字が読めません。歴史的

のぼり旗があることは認識してもらえても、
読んでもらわなければ意味がありません。

配色を考えるときは、文字の読みやすさを
重視して選びましょう。

一般的に読みやすい配色は、背景色と文字色の
明度に差をつけることです。

たとえば、白地に黄色や黄緑、水色でのぼり旗に
文字を印刷しても、遠くから見たときに読めません。

反対に、黄色や黄緑など明るい色を背景色に使い
文字色に白を使った場合も、同じように読みにくい
のぼり旗になります。製作を考える

文字色に黄色などの明るい色を使う場合は、
背景色は黒などの暗い色を使うと、遠くから見ても
読みやすいです。

同じように背景色に明るい色を選んだときも、
文字色は黒や赤、青など暗い色を使うと良いでしょう。

また、のぼり旗の視認性をあげるためには、
明度に差をつける以外に補色を使う方法もあります。

補色は反対色と呼ばれ、対極にある色のことを指します。

たとえば、黄色なら青、赤なら水色といった具合です。
のぼり旗の文字や背景の配色を考えるときには、
色の明度や補色を駆使しながら組み合わせると
集客効果を高めることができます。